首イボを除去する場合、皮膚科や美容皮膚科などで処置を行えます。代表的な治療方法は炭酸ガスレーザーを使ったレーザー治療、液体窒素を用いた凍結療法、イボが小さい場合は医療用ハサミやメスなどを使って切除する方法もあります。

炭酸ガスレーザーによるイボの除去は、出血や痛みが少なく痕が残りにくいのがメリットです。イボの根を残さないので再発する可能性も抑えられます。10分程度の短い治療時間と、通院に必要な回数が凍結療法よりも少なくて済みます。

凍結療法は首イボにマイナス200度の液体窒素をあて、組織を凍らせることでイボを壊死させる治療方法です。レーザー治療よりも通院回数が多く、治療には痛みがあるデメリットがあるものの、保険適用が可能で治療費は抑えられます。

治療費は方法によって異なり、保険適用が可能な凍結療法や医療用ハサミでの切除は、イボ1個につき400円から500円程度の費用がかかります。イボの数が少ない場合は安い費用で済みますが、複数の首イボができている場合は治療費が数千円になることもあります。

レーザーによる治療は保険が適用されないので、治療費は全て自己負担となります。イボ1個についき1000円から2000円程度の費用がかかり、凍結療法や医療用ハサミでの切除と比べると割高です。

どの治療方法を選んでも、イボの大きさやサイズによって費用が変わる可能性があるので注意してください。これらの施術料金に加えて、初診料や診断料、外用薬などの薬代がかかる場合があります。

もし、そんなにお金がかけられないし、ちょっとそこまでやるのは怖いということであれば、自宅でも首イボケアができるクリームがおすすめ。

その中でも、「艶つや習慣」というクリームは今人気の化粧品で口コミでの評価も高いので試してみる価値はありそうです!